RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 1325,1326

(1) 原文

1325. Alterum objectum ratiocinationum erat, num aliquis admitteretur in coelum, nisi qui persecutiones et miserias passi sunt in mundo, quod etiam defendunt satis vehementer quoque apostoli, dum in statu vitae prioris seu corporis sunt, ac ita judicare volunt, et dum iis licet, modo tentaminis causa, judicare, tunc dictum est, quod alios in coelum admittere nolint, quam solum martyres, et qui persecutiones passi, et sic miserias, ita quoque intelligunt verba Domini, secundum sensum literae, quod beati qui talia patiuntur, secundum verba [Matth. V: 11]; ideo quoque mereri volunt coelum, et sic haereditare illud ex merito, quare alios quoscunque{1} excludere volunt, et prius volunt judicare, ut sustineant poenas; tale quoque est eorum judicium; quod passim prius dixerunt, ita praeferendos se putantes, quia prae aliis talia sustinuerunt, et Evangelium per orbem divulgarunt; de quibus prius saepe contentiones fuerunt.

@1 ms. alios, quoscunque

 

1326. Sed iis clare ostensum, quod hoc prorsus non est sensus verbi Domini, sic etenim nullus hodie in coelum potuisset admitti, quia nullae tales persecutiones in mundo, Ecclesiis jam constabilitis, sic nec martyria; et praeterea, si solum persecutiones et martyria, absque respectu qua fide, qua veritate, qua mente, et quo corde, talia ambiunt vel cupiunt pati, eos salvarent, tunc his{1} saeculis imprimis vindicarent sibi coelum, qui patiuntur pro suis opinionibus, etiam pro haeresibus, sicut quoque Quakeriani, imo alii ex causis mundanis, praeter plures.

@1 ms. heis ut videtur, quod forte stabit ut forma antiqua

 

(2) 直訳

1325. Alterum objectum ratiocinationum erat, num aliquis admitteretur in coelum, nisi qui persecutiones et miserias passi sunt in mundo, 第二の推論の対象であった、だれかは天界の中に入れられるかどうか、世の中で迫害された者、また悲惨さを被った者でないなら、

quod etiam defendunt satis vehementer quoque apostoli, dum in statu vitae prioris seu corporis sunt, ac ita judicare volunt, そのこともまた弁護した、十分に激しく、使徒たちも、以前の、すなわち、身体のいのちの状態の中にいる時、そして、そのように裁くことを欲する、

et dum iis licet, modo tentaminis causa, judicare, tunc dictum est, quod alios in coelum admittere nolint, quam solum martyres, et qui persecutiones passi, et sic miserias, また、彼らに許される時、単に試みのために、裁くことが、その時、言われた、他の者を天界の中へ入れることを欲しないこと、殉教者だけ、また迫害を、またこのように悲惨さを被った者以外に、 

ita quoque intelligunt verba Domini, secundum sensum literae, quod beati qui talia patiuntur, secundum verba [Matth. V: 11]; そのようにもまた主のみことばを理解している、文字どおりの意味にしたがって,このようなことを被る者は祝福されている(幸いだ)、ことばにしたがって〔マタイ5:11〕。

ideo quoque mereri volunt coelum, et sic haereditare illud ex merito, それゆえ、彼らは天界に値することを欲する、またこのように功績からそれを相続することを、

quare alios quoscunque{1} excludere volunt, et prius volunt judicare, ut sustineant poenas; それゆえ、他の者をだれでも、締め出すことを欲する、また、最初に裁くことを欲する、罰を受けるように。

tale quoque est eorum judicium; このようなものもまた彼らの裁きである。

quod passim prius dixerunt, ita praeferendos se putantes, quia prae aliis talia sustinuerunt, et Evangelium per orbem divulgarunt; そのことはしばしば前に言われた、そのように優先される者〔と〕自分自身を思っている()、他の者よりもこのようなものを被ったからである、また世界中に福音を公表した。

de quibus prius saepe contentiones fuerunt. それらについて前にしばしば論争があった。

 

1326. Sed iis clare ostensum, quod hoc prorsus non est sensus verbi Domini, しかし、彼らにはっきりと示された、このことはまったく主のみことばの意味ではないこと、

sic etenim nullus hodie in coelum potuisset admitti, quia nullae tales persecutiones in mundo, Ecclesiis jam constabilitis, sic nec martyria; このように、今日、だれも天界の中に入れられることができないからである、世の中にこのような迫害が何もないからである、すでに教会が確立されて、このように殉教もない。

et praeterea, si solum persecutiones et martyria, absque respectu qua fide, qua veritate, qua mente, et quo corde, talia ambiunt vel cupiunt pati, eos salvarent, またさらに、もし迫害と殉教だけが、どの〔種類の〕信仰か、どの〔種類の〕狄人瓩、どの〔種類の〕心かの観点からは(に関して)しに、またどの〔種類の〕心で、このようなものを求めるあるいは受けることを欲するなら、彼らを救う〔ものとして〕、

tunc his{1} saeculis imprimis vindicarent sibi coelum, qui patiuntur pro suis opinionibus, etiam pro haeresibus, sicut quoque Quakeriani, その時、これらの時代で、特に、自分自身に天界を要求する(ことになる、〜てもよい)、その者は自分の見解のために苦しむ、さらにまた異端のために、そのようにクエーカーもまた、

imo alii ex causis mundanis, praeter plures. それどころか他の者たちは、世俗の理由から、さらに多くの者は〔要求してもよい〕〔ことになってしまう〕。

 

(3) 訳文

1325. 第二の推論の対象は、世の中で迫害された者また悲惨さを被った者でないだれかが界の中に入れられるか、であった。そのこともまた、使徒たちは、以前のすなわち身体のいのちの状態の中にいる時、十分に激しく弁護した、そして、そのように裁くことを欲する。また、彼らに、ただ試みのために、裁くことが許される時、殉教者だけ、また迫害をまたこのように悲惨さを被った者以外に、他の者を天界の中へ入れることを欲しないこと、文字どおりの意味にしたがって,このようなことを被る者は祝福されているということばにしたがって〔マタイ5:11〕。そのように主のみことばも理解していることが言われた。それゆえ、彼らは天界に値することを、またこのように功績からそれを相続することを欲する。それゆえ、他の者をだれでも、締め出すことを欲し、また、最初に罰を受けるように、と裁くことを欲する。

 このようなものもまた彼らの裁きである。そのことはしばしば前に言われた、他の者よりもこのようなものを被った、また世界中に福音を広めたので、そのように自分自身を優先される者と思っていることである。それらについて前にしばしば論争があった。

 

1326. しかし、彼らに、このことは主のみことばの意味ではまったくないことがはっきりと示された。このように、今日、すでに教会が確立されて、世の中に、このような迫害が何もなく、このように殉教もないとき、だれも天界の中に入れられることができないからである。またさらに、もし迫害と殉教だけが、どの信仰か、どの狄人瓩、どの心か、またどの心で、の観点から何も関係なく、彼らを救う〔ものとして〕、このようなものを求めるかあるいは受けることを欲するなら、その時、これらの時代で、特に、自分の見解のために、さらにまた異端のために苦しむ者は、そのようにクエーカーもまた、それどころか他の者たちも、世俗の理由から、さらに多くの者も、自分自身に天界を要求してよいことになってしまう。 

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 07:02
comments(0), -, pookmark
Comment