RSS | ATOM | SEARCH
レキシコンについて
  レキシコンとその必要性について述べてみます

 まずレキシコンとは、大辞林(三省堂)に[辞書・辞典類のうち、特にギリシャ語・ラテン語・ヘブライ語〔ヘブル語〕など古典語のもの。また、特定の題目・分野・作家の語彙・語集をいう」とあります。

 ここの「スヴェーデンボリのラテン語レキシコン」は後者です。すなわち、スヴェーデンボリの神学著作で使われている語彙のすべてと、そのおもな出典個所と用例を編集したものです。

 そこでの語義はスヴェーデンボリの用いた(念頭にあった)意味です。すなわち、…名錣亮書の語義のうち、その一部しか使用していない 通常とはやや異なる意味で使用している(これが問題となります)辞書にない意味で使用している(これも問題です)
 掲載の見出し語についても、通常の辞書にない単語がずいぶん出てきます。

 私事になりますが、以前、田中秀央の『羅和辞典』でスヴェーデンボリの著作を読もうとしましたが、無理でした。掲載されていない語が多数あります、その上、そこの訳語が原著の内容と全然合いませんでした。原典解読は行き詰まっていました。そこに救い主かのように現われたのがチャドウィックの『A LEXICON TO THE LATIN TEXT OF THE THEOLOGIKAL WRITINGS OF EMANUEL SWEDENBORG』でした。5〜6年使用していましたが、あまりのすばらしさに、2000年の夏からぽつぽつと翻訳し始めました。これまで莫大な労力をかけてきましたが今年中には終りそうです。
 
 閑話休題、スヴェーデンボリに限らず、ある思想家などを本格的に研究しようとするなら、その人物が特にキーとなる言葉を、どこで、どのような文脈の中で使っているかが問題となります。いわゆる「用例」が重要となり、翻訳上の訳語なら、そうしたことをふまえたうえで決定しなければなりません。通常の辞書の訳語をもってきて「事足れり」とはなりません。

 ともかく、この『レキシコン』によって、原典を読んでみようという方々が一人でも出てくることを願っています。
author:yasubee, category:ラテン語レキシコン, 06:54
comments(0), trackbacks(1), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/506556
スヴェーデンボリとラテン語についてのブログ
このブログの関連サイトとして\"Swedenborg and Latin from A to Z\"を開設しています。スヴェーデンボリとラテン語の話題を中心に展開するブログです。関心のある方はごらんください。 このブログの本体は「スヴェーデンボリのラテン語」サイトです。こ
ジェネラルチャーチ東京グループ, 2008/03/11 9:09 AM